夜逃げした人を探す方法教えます。夜逃げした人を探すなら探偵がおすすめ!

夜逃げした人を絶対に探し出す方法 - 目次

人探しサイト

≪たった2日で夜逃げした人が見つかるなんて...≫

 

もしお金を貸した相手に夜逃げされた・音信不通になったなど、絶対に探し出さなければいけない方にとって、かなり有益な情報をまとめましたので是非参考にしてみて下さい!
 
目次

 

夜逃げした人探しは時間との勝負
1番確実なのは探偵に依頼
移転先の住所を見つける方法
警察は動いてくれない

夜逃げした人探しは時間との勝負

夜逃げした人を探す時に1番大事なのが逃げたと分かったらすぐに行動に出ることです夜逃げが判明してからすぐに探し始めれば引っ越し業者への聞き込みで逃げた場所が分かる可能性があります。さらに携帯番号を変えられる前であれば、逃げた人の友人を利用し住所を聞き出すことも不可能ではありません。
 
ですが引っ越し業者に聞いても行き先が不明、電話番号も変更されていて手がかりがゼロという場合にはどうすべきでしょうか?その場合には後で紹介する簡易書留・郵便物の転居届・住民基本台帳の閲覧など役所を利用して自力で探すことになります。
 
ここで大事なのが、先に述べたように「とにかく早く必要な情報を抑えて夜逃げした人の情報を手に入れる」ということです。なので後で紹介する役所での個人情報の収集に時間がとられるようなら探偵に頼みましょう。
 
探偵に頼めば多少は費用がかかりますが、夜逃げした人に貸した金額よりははるかに低いはずです。私なら夜逃げが発覚した瞬間探偵に依頼をしてすぐに見つけてもらうことをおすすめします。⇒1番信頼できる探偵はこちら

1番確実なのは探偵に依頼

夜逃げした人を探す時に探偵に依頼すれば以下の方法を始めとする方法で調査をしてくれます。
 

探偵の夜逃げした人の探し方

 
・簡易書留を旧住所に送り続け新住所を手に入れる
・住民基本台帳を活用し住所を手に入れる
・勤務先から情報を得て新住所を探る
・不動産業者から情報を得る
・担当した引っ越し業者から情報を得る
・夜逃げした人の友人・知人などから情報を得る
・夜逃げした本人に子供がいる場合、子供から情報を得る⇒これは住所を割り出す上で大きなチャンス
 
 
大前提として夜逃げをした本人は意地でも移転先の情報を残さないよう必死で全てを隠そうと努力します。ですが、何一つ証拠を残さずに引っ越すのはほぼ不可能と言えます。
 
例えば、引っ越し業者が荷物の配送先を知っているパターン。夜逃げをする人の印象は引っ越し業者にも強く残っているため少しでもそういった住所などの情報を目にした際には覚えている場合があります。⇒スピードが大事!忘れたら大事な証拠がなくなってしまう!
 
次に夜逃げをした人の子供から情報を得るという方法。実際に子供の通う学校の近くで待ち伏せ情報を得ることに成功したパターンが多数ありますなので夜逃げをした人に子供がいる場合はかなりのチャンスと言えるでしょう!
 

さらに後に紹介する役所関係の個人情報を基に移転先を探すなど、探偵だからできることがたくさんあります。何しろ夜逃げした人を探す時はスピードが勝負ですので金銭関係のトラブルの場合はいち早く探しはじめ必ずお金を取り返しましょう!⇒探偵に見積もり・調査の相談をする
 

 

移転先の住所を見つける方法

移転先の住所をみつけるためにできる方法を3つ紹介します!もし緊急でない人探しの場合は以下の方法で探せば見つかるかもしれません。ですが、いち早く見つけたいという人はプロに依頼することをお勧めします。

 

夜逃げした人探しの方法1、住民基本台帳を閲覧する

 
住民基本台帳をご存知でしょうか?この書類を閲覧することで得られる情報は氏名・生年月日・住所・性別の4つ。ですが、以下に記載した通り誰もが住民基本台帳を閲覧できるというわけではありませんので注意が必要です。
 

 


個人情報の保護を目的とした住民基本台帳法の一部改正(平成18年11月1日施行)があり、住民基本台帳を閲覧することができる場合が制限され、次のような閲覧の請求はできなくなりました。
 
ダイレクトメールその他これに類似するものの送付を目的とするもの
個別訪問を目的とするもの
閲覧により知り得た事項により名簿その他これに類似するものを作成し、これを頒布し、または販売するおそれがあるもの
市長が閲覧請求ができない相当な理由があると認めたもの

 

 


東京都府中市ホームページから抜粋
 

住民基本台帳を閲覧するための手数料

地域によって手数料の金額に違いがありますが、基本的に手数料は発生します。場所によっては6000円かかる所もあるため閲覧前には事前に電話で問い合わせることをおすすめします。
 

住民基本台帳の閲覧方法

閲覧するための審査に無事に通ったら基本的に平日の限られた時間で閲覧できる仕組みになっています。閲覧時には写真を撮ることは禁止されていますので必要な情報は全て手書きで移す必要があります。
 
 

夜逃げした人探しの方法2、簡易書留と郵便物の転居届を利用する

簡易書留という、事故や郵便物がきちんと届かなかった場合に5万円まで保証してもらえる制度を利用して新住所を手に入れる方法を紹介します。
 
方法は簡単で、夜逃げした人の元住所に簡易書留を送ります。すると、宛先不明により簡易書留が戻ってきます。この作業を何度か繰り返すと夜逃げをした人の新住所が簡易書留に添付されて送られてきます。こうすることで夜逃げした人の新住所を手に入れることができます。ただこの方法もいつもうまくいくとは限りません。それにあまりに時間がかかり過ぎるという点からおすすめはできません。
 

警察は動いてくれない

民事不介入」という言葉をご存知でしょうか?
 
これは個人対個人の民事紛争、例えばお金の貸し借りのような問題には警察は動きづらいということを意味しています。これは法律で定められているわけではないのですが、「犯罪」でない限りは警察は基本的に動いてくれません。これは過去の事件などを見ればわかるのですが、ストーカーによる殺害など、被害者が警察に相談していたにも関わらず殺されてしまったケースを見てもいかに民事不介入のケースに対して警察が動いてくれないかが分かります。
 
さらに捜索願は他人が出すことができません。これは親族間のみで出せるので夜逃げした人を探す方法にはなりません。

おすすめの探偵事務所 原一探偵事務所の口コミ

夜逃げを始めとするあらゆる人探しの分野でクオリティーと値段の安さ両方で1番人気の原一探偵事務所を利用したことのある人たちの口コミを紹介しますので参考にしてみて下さい!
 
口コミ1:あっという間にお金の回収ができました!
 
・年齢:30代
・性別:男性
・住んでいる地域:神奈川
・探偵に依頼した理由:お金を貸した相手に夜逃げされたため
 
探偵に依頼した感想:長い間お金を貸していた友人に返済の催促をした翌日のことでした。メールをしても電話をしても返事がないのでまさかと思い自宅に行ってみると、不安が的中。夜逃げされていました。急いでネットで解決法を探すと原一探偵事務所をおすすめする声が多かったので早速電話で相談。焦っている私に逃げた相手を探すための手段を一から順番に丁寧に教えて頂きました。値段も想定内の金額でこれで相手を見つけてくれてお金が戻ってくれば万々歳だと思いすぐに依頼をしました。すると2日後、担当の探偵さんから電話で夜逃げした相手が見つかったとの報告が。こんなに早く見つかるのか!とホントに驚きました!お金を貸していた友人も頭を上げることもできずにすぐにお金を返済してくれました。原一探偵事務所さんにはホントに感謝でいっぱいです。
 
探偵に依頼する時のアドバイス:メールで相談するよりも電話で自分の言葉で現状の問題を報告、そしてどうして欲しいかを伝えることが依頼の開始、そして迅速な終了に繋がると思います。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ